レモンアロマの効果と特徴

病院や美容クリニックで盛んに取り入れられているアロマテラピーですが、フレッシュでさわやかな香りのレモンアロマは非常にポピュラーです。レモンの香りの成分はほとんど皮に含まれ、レモンアロマも皮から抽出します。クリニックの集客対策ならBTコンサルティング

 

・古くからなじみのレモン

皆さんにも身近なレモンですが、原産はインド北部(ヒマラヤ)地方ですが、今ではアメリカ、イタリア、スペイン、・・・と、世界中で栽培されています。

食用以外にも、古代エジプトでは抗菌性を生かして、肉や魚が痛むのを防ぐためにレモンを使っていたと云われています。

圧搾法でレモンの皮から抽出されるレモンアロマは、キリッとフレッシュで、ほのかに甘いシトラスの香りが、最初から立ち上ります。

・レモンの効果

レモンアロマ成分の大半を占めるリモネンは気分を高揚させ、気持ちの切り替えのほか、理解力や集中力を高め、冷静さを取り戻すなどの効果がよく知られています。

  • 仕事や勉強のアップに

仕事や勉強の合間やリフレッシュに、レモンアロマの芳香浴がおススメです。

レモンアロマを数滴、ハンカチに垂らして香りを嗅ぎ、マグカップにお湯を満たしレモンアロマを垂らして、深呼吸するのもよいでしょう。

  • 胃もたれ、感染症予防に

消化促進や弱った胃腸のぜん動運動を正常にもどす作用があるので、胃もたれにも効果的です。また、消毒殺菌作用を生かして、芳香を空気中に漂わせて、風邪やインフルエンザの感染症予防にも役立ちます。

  • スキンケアに

レモンアロマを0.5%に希釈したローションなどをつくれば、肌の収れん効果を利用したスキンケアに使えます。ただ、レモンアロマは光毒性と云って、肌についた状態で紫外線を浴びると皮膚がダメージを受ける性質があるので、使用時は必ず直射日光を避けてください。

・使用上の注意点

レモンアロマ独特の光毒性には気をつけてください。また、精油は用途に応じて希釈し、少しつけて肌に異常がないことを確かめてください。

いかがでしたか、

今回は「レモンアロマの効果と特徴」についてのご紹介でした。

是非、参考にしてみてください。