セラミド配合化粧品はお肌の味方

美容クリニックでもよく話題にのぼる、「セラミド」って、どんなもの? あなたのお肌をみずみずしく保つ「セラミド」の秘密に迫ります。また、セラミド配合の化粧品について、その効果や選択について、ご紹介します。

・セラミドとは何?

表皮の角質層の本体は角質細胞の間を埋めている細胞間脂質と言われるものです。この細胞間脂質の約50%を占める成分が「セラミド」と呼ばれ、外部からのバリア機能を有しています。また、細胞間脂質は角質層の水分保持にかかわりますが、なかでも、「セラミド」の水分保持力は最大です。このように「セラミド」はお肌のバリアとして、また、水分保持に大きな役目をもっています。

・セラミドの種類と特徴について

  • 「天然セラミド」:動物由来で人間の細胞間角質と似ていますが、配合量により価格が高くなります。
  • 「ヒト型セラミド」:人の肌とほぼ同じ構造のため、保湿、浸透力に優れています。また、刺激が少なく、敏感肌やアトピー肌の方にも使いやすく、天然セラミドより安価で安心できます。

・化粧水とクリーム

セラミド配合化粧品には化粧水とクリームがあります。セラミドの配合量は製品によって変わってきますので、肌の乾燥の状態に合わせて化粧水かクリームのどちらかを選ぶようにすればよいでしょう。また、両方を併用することも有効な方法です。

・アトピー肌に合うセラミドは?

アトピー性皮膚炎は角質層のセラミドの量が著しく減っているので、皮膚のバリア機能が低下し、角質層の水分量も少なくなっています。

そこで、セラミド配合の化粧品でセラミドを補って、皮膚の乾燥を改善する可能性が高くなります。アトピー肌の方には「ヒト型セラミド」が最適セラミドで、成分表に「セラミド2」や「セラミドAP」書かれている化粧品を選ぶのが良いでしょう。

いかがでしたか、

今回は「セラミド配合化粧品はお肌の味方」についてのご紹介でした。

でも、セラミドはコンデションを保つものですので、アトピー性皮膚炎が悪化している場合は医師に相談するようにしてください。

是非、参考にしてみてください。