コラーゲンの経口摂取3つのポイント

病院や美容クリニック、TVCMでも盛んに取り上げられる「コラーゲン」。サプリメントやドリンク、ゼリーなどコラーゲン配合を謳い文句に盛んに宣伝されて、女性にとってはとても気になる「コラーゲン」について、ご紹介します。

・お肌に良いコラーゲンの摂り方

あなたのお肌の中で自然に生成されていくコラーゲンですが、残念ながら年を重ねるにつれ減って行きます。お肌に必要な量は1日5~10g必要と言われます。ですから、食品で補えない分はサプリメントやドリンクに頼らなければなりません。体のコラーゲン生成サイクルを活発にするにはアミノ酸をたくさん含んだタンパク質と同時に摂ることが重要です。
コラーゲンの多く含まれた食品としては、よくフカヒレが挙りますが、他には、鶏の皮や軟骨、赤身の牛スジ、豚のこま切れ、皮の厚い魚(サケ、うなぎ、ハモ)などがコラーゲンを多く含んでいます。

・コラーゲンの効果を高める成分

コラーゲン合成を助けるビタミンCも一緒に摂れば、その効果が高まります。また、必須アミノ酸のトリプトファンを含む魚や卵も一緒に摂りましょう。ブタの血管やマグロ・カツオの心臓などに含まれるエラスチンも美肌に効果があるといわれていますが、日常手に入り難い食品ですので、サプリメントで摂取すればよいでしょう。
ただし、摂り過ぎはコラーゲン合成を妨げる結果となります。糖分の摂り過ぎもコラーゲンを糖化させ、ハリ・弾力を失います。

・コラーゲンの経口摂取は有効か

タンパク質は体内でアミノ酸やペプチドに分解されます、コラーゲンも同じ過程を通ります。食べたコラーゲンがそのままの形で肌に届くものではないので、「コラーゲンは食べても意味がない」と、言われたりもしました。しかし、この頃は分子量が大変小さく、低分子コラーゲンというものが開発され、消化・吸収が良くなって、お肌の弾力や水分保持に期待されるようになりました。

いかがでしたか、
今回は「コラーゲンの経口摂取3つのポイント」についてのご紹介でした。
是非、参考にしてみてください。